ブログパーツ

カテゴリ

芸能ニュース (116)
ジャニーズ (15)
女子アナ (9)
グラドル (14)
お笑い (9)
結婚・離婚 (11)
イニシャル・トーク (10)
スポーツニュース (35)
雑学 (3)
その他のニュース (22)

 

お気に入り

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当サイト内の記事は個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は全て引用元にあります。閲覧、リンクのご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。また当サイト内の画像、広告リンクは代理店の承認を得たアフィリエイト広告であり、個人のパブリシティ権を侵害する意思は全くございません。万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますので、恐れ入りますがご連絡をお願い致します。

注目記事


エンタメキャッチアップ最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビ局内で噂される山本モナの怨霊

宮根誠司滝川クリステルがキャスターを務めるということで、放映前から話題を集めた、『Mr.サンデー』。
ところが、ふたを開けてみれば、視聴率も今ひとつで、さらに追い打ちをかけるかのように、宮根・滝クリ間の不協和音。
この、あまりの苦戦状況に、フジテレビ局内では、とんでもない噂が流れ始めたようなのですが、果たして、その噂とは・・・。

ranking


(以下引用)

司会の2人の不仲に加えて、沢尻の離婚など、"できすぎた"芸能スクープ連発に、局内から反感が出ているんです」(芸能記者)
そんななか、フジテレビ局内で"妙な噂"が流れているという情報が伝わってきた。
この枠は、うちの局では"呪われた枠"と呼ばれているんです」(フジ関係者)
そのきかけといわれているのが2年前の7月に起きた山本モナ二岡の"ラブホ突入事件"だという。
キャスター復帰を果たしたばかりだったモナは、この事件を機に番組を降板しました」(前出・芸能記者)
それからというもの、日曜夜10時の枠に"災難"が降り注ぐようになる。
まず、モナの降板を機に視聴率は下降線。
しかも、モナの代役だった大島由香里アナが体中が腫れる"謎の病気"で休養しています
」(前出・フジ関係者)
その後、リニューアルし、平井理央アナを投入するも、1クールで番組は終了。
三宅裕司を起用した次の番組『情報エンタメLIVEジャーナる!』も半年で打ち切られました」(前出・フジ関係者)
そして、新番組での不協和音。
フジテレビ関係者は、
キャスターに未練があるモナの生霊が取り憑いているのかも
と、真顔で語る。
女の執念恐るべしか!?


(引用元:週刊大衆)

 

・・・ってことは、山本モナをもう一度キャスターとして起用すれば、視聴率は回復するということ・・・。
それも何だか、微妙な気がしないでもないですが。
でも、宮根と山本モナなら、意外といいコンビかもしれませんけどね。
そういえば、山本モナが降板した『サキヨミ』の前の番組は、『新報道プレミアA』という番組だったんですよね。
で、しかも、そのメインキャスターは、安藤優子滝川クリステル!
結局、回りまわって、山本モナ以前の滝クリに戻されたんじゃ、彼女の怨念もハンパじゃないかも・・・。

山本モナのアブナい画像⇒rankingghiroba
山本モナのアブナい画像⇒rankingreading
山本モナのアブナい画像⇒rumorsranking

さらに詳しい情報はこちら⇒芸能界のう・わ・さ
さらに詳しい情報はこちら⇒芸能広場
【関連記事】
山本モナ、彼氏が恐喝されプロポーズできない?
ミヤネを避ける滝川クリステル 番組は空中分解?
宮根アナの「調教プレイ」で滝クリのイメージ崩壊?



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://entamecatchup.blog83.fc2.com/tb.php/197-ea8e3712

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。