ブログパーツ

カテゴリ

芸能ニュース (116)
ジャニーズ (15)
女子アナ (9)
グラドル (14)
お笑い (9)
結婚・離婚 (11)
イニシャル・トーク (10)
スポーツニュース (35)
雑学 (3)
その他のニュース (22)

 

お気に入り

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当サイト内の記事は個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は全て引用元にあります。閲覧、リンクのご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。また当サイト内の画像、広告リンクは代理店の承認を得たアフィリエイト広告であり、個人のパブリシティ権を侵害する意思は全くございません。万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますので、恐れ入りますがご連絡をお願い致します。

注目記事


エンタメキャッチアップ最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『24時間テレビ』が、日テレ制作会社にとってオイシい理由

今年も、あと少しで、恒例となった日テレの『24時間テレビ』の季節がやってきます。
ただし、ここ数年は、感動を押しつけられる過激な演出が、ネットなどで批判の対象となっている模様。
しかし、そんな逆風もどこ吹く風。
日テレにとって、この『24時間テレビ』というのは、以外にオイシい思いを味あわせてくれる番組であるようです。

ranking

(以下引用)

毎年恒例の日本テレビの『24時間テレビ』。
最近では、その過剰な演出が疑問視され、ネット上などで批判の対象にされることが少なくない。
ただ、日テレの演出はまったくぶれることもなく、今年も、ランナーをつとめるはるな愛が『魔女たちの22時』で“お涙頂戴”のエピソードとともに決意を語り、すでに準備は万全のようだ。
ところで、この『24時間テレビ』を日テレに関係の深いテレビ制作会社社員は毎年楽しみにしているという。
放送の時は多くの製作会社は休みになります。
うちはこの休みを利用して必ず社員旅行に出かけます。
今年? 不景気の影響から制作費カットで厳しいですが、箱根にみんなで行きますよ
」。
テレビの世界は、365日、24時間体制の勤務形態のため、制作会社の全社員が一斉に休暇を取ることは事実上不可能。
ただ、『24時間テレビ』ではチャリティーの名のもとに、ボランティアスタッフを多数使うので、一部の製作会社は社員が一斉に休暇を取ることが可能になるという。
『24時間テレビ』は制作会社への福利厚生の意味が一番大きいですね。
普段、相当な悪条件で働く彼らのガス抜きの要素もあるでしょう
」(テレビ局関係者)
テレビ局の事情で、丸一日正義の押し付けを見せられる視聴者はたまったものではない…。


(引用元:リアルライブ)


←『バンダーブック』や『マリン・エクスプレス』を収録。意外とレアかも。

なんだよ、チャリティだの助け合いだの抜かしておきながら、自分たちは、裏できっちり箱根で豪遊かよ。
まぁ、普段の激務ゆえ、タマのガス抜きも必要なのはわからないでもないですがね・・・。
でも、テレビ局なんてのは日テレだけではないのだから、
年に一度、テレビを放映しない日
なんてのを設けたほうが、感動の押し付けよりも、よっぽど良いような気がするのですが。

24時間テレビスタッフが一般市民に・・・⇒rankingghiroba
24時間テレビスタッフが一般市民に・・・⇒rumorsranking
24時間テレビスタッフが一般市民に・・・⇒readingranking

さらに詳しい情報はこちら⇒芸能界のう・わ・さ
さらに詳しい情報はこちら⇒芸能広場



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://entamecatchup.blog83.fc2.com/tb.php/201-b76039db

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。