ブログパーツ

カテゴリ

芸能ニュース (116)
ジャニーズ (15)
女子アナ (9)
グラドル (14)
お笑い (9)
結婚・離婚 (11)
イニシャル・トーク (10)
スポーツニュース (35)
雑学 (3)
その他のニュース (22)

 

お気に入り

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項

当サイト内の記事は個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は全て引用元にあります。閲覧、リンクのご利用は自己責任で行っていただきますようお願い致します。また当サイト内の画像、広告リンクは代理店の承認を得たアフィリエイト広告であり、個人のパブリシティ権を侵害する意思は全くございません。万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますので、恐れ入りますがご連絡をお願い致します。

注目記事


エンタメキャッチアップ最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のび太クンは今どきの子供の理想像

ドラえもん学」の研究者として知られる横山泰行・富山大学教授(現・同大名誉教授)が6年前に出版した本、『「のび太」という生き方』(アスコム)が注目を集めているということです。
5月ごろから、小中学生の子供を持つ親から、注文が殺到しているとのこと。
一体なぜ今ごろになって?
どうやらその背景には、現在の社会事情と深く関係しているようであります。

ranking

(以下引用)

ひきこもりの我が子に読ませたい
という声がいくつも届き、驚いたという。
緊急に増刷が行われ、今週から主な書店に並ぶ。
同書は勉強もスポーツも苦手ですぐにドラえもんの「ひみつ道具」に頼るのび太が、成長してしずかちゃんと結婚し、人生の"勝ち組"に慣れたのはなぜか・・・を、夢に憧れる営みの大事さから解き明かす。
今回のブレークのきっかけも、失敗にめげず、自分らしく生きるのび太から「学んだこと」をつづった神奈川県の逗子開成中高の生徒(中3)の感想文がネットで話題になったことだ。
もっともこの感想文自体、5年前に書かれている。
04~05年といえば「構造改革」を推し進めた小泉政権時代だ。
自己責任に根差した格差拡大や貧困問題は、その後の政権交代の背景にもなった。
香山リカさんの『しがみつかない生き方』がベストセラーになるなど、無理に頑張らない、ダメでも大丈夫というメッセージが届きやすくなったのでは」(アスコム担当者)
著者の横山氏はこう話す。
安易にひみつ道具を出し、チャレンジ精神をそぐとして、欧米のプロテスタントの国では『ドラえもん』は否定的です。
日本でも、のび太の生き方は時代の流れで評価されたり批判されたりしますが、のび太自身はブレず、日本人の根幹に通じた生き方をしているのです

時代がのび太に追いついた?


(引用元:サンデー毎日)

 

ドラえもんに頼りっきりで依存心の強いのび太クンが、人生の"勝ち組に"。
無理に頑張らなくてもいい
ダメでもともと
その考え方も、なんだかわかるような気がしますね。
それでも、ドラえもんが去った後、のび太くんは自力でしずかちゃんをゲットしたわけですから、やっぱりのび太くんもかなりの努力したと思いますよ。
無理に頑張らなくてもいいけれど、開き直りはいけませんよね。

エロいドラえもん画像⇒rankingrumors
エロいドラえもん画像⇒rankingreading
エロいドラえもん画像⇒rankingghiroba



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://entamecatchup.blog83.fc2.com/tb.php/219-35b48f21

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。